• ホーム
  • ケーキアレルギーとザイザルはアレルギー性鼻炎の関係

ケーキアレルギーとザイザルはアレルギー性鼻炎の関係

ザイザルは、抗ヒスタミン薬の一種で、ヒスタミンの働きを抑える作用があります。
ヒスタミンは神経や毛細血管を刺激することで、じんま疹、鼻汁などの分泌物の促進、かゆみ、などを引き起こします。
アレルギー性鼻炎も鼻の中の毛細血管がヒスタミンの働きによって膨張することが原因になります。

病原菌に感染するとそれを排除しようとして、鼻水やくしゃみが出ます。
これは免疫システムが正常に作動して、異物を体外に排除する反応です。
しかし、花粉などの無害なものまで免疫システムが異物と認識してしまうと、必要ない時にまで鼻水やくしゃみなどのアレルギー性鼻炎の症状が出てしまいます。

ザイザルはヒスタミンの働きを抑えることでこの症状を改善してくれます。
症状が出てから使うのが一般的な使い方で、予防のためには抗アレルギー薬などを用いることが多いです。
こちらはIgE抗体が肥満細胞を刺激するのを抑えます。

アレルギーの中には、花粉だけではなく食物に含まれるたんぱく質が原因になるものもあります。
いわゆる食物アレルギーです。

食物アレルギーの治療では、基本的には原因食物を食べないように除去食を実施します。
ここで難しいのが、すでに作られているものです。
卵やいちごといった単品の食品であれば、原因食物の除去は比較的簡単です。
それを食べないように気をつければ良いからです。

しかし、ケーキなどは卵、牛乳、果物、小麦粉など食物アレルギーの原因になるものが多く含まれているので、どの食物が原因なのか判別がつきにくいこともあります。
複数の食品が含まれているものを食べる場合には、原因食物が入っていないかどうか成分表示を確認する必要があります。
まずは原因食物を特定することが重要です。

関連記事